こちらのイベントは終了いたしました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

瀬戸夏子×吉田隼人

早稲田から眺める現代短歌クロニクル

〜「早稲田短歌」「町」「率」から現在まで〜

 

詩歌関連の古本や注目を集める同人誌・ミニコミを幅広く取り揃える早稲田「古書ソオダ水」を会場に、『現実のクリストファー・ロビン 瀬戸夏子ノート2009-2017』刊行記念イベント第3弾を開催します。

「早稲田短歌」「率」の会員・同人として瀬戸夏子さんとともに活動した吉田隼人さんをゲストに迎え、お二人に2000年代後半から現在までの大学短歌会と同人誌文化について語っていただきます。

 

プロフィール

瀬戸夏子(せと・なつこ)

1985年生まれ。2005年の春より作歌を始め、同年夏、早稲田短歌会に入会。その後2009年の創刊から2011年の解散まで同人誌「町」に参加し、現在「率」同人。著作に第一歌集『そのなかに心臓をつくって住みなさい』(私家版、2012年)、第二歌集『かわいい海とかわいくない海end.』(書肆侃侃房、2016年)。

大学時代に創刊した同人誌『町』『率』に発表の評論を中心とした初の散文集『現実のクリストファー・ロビン』を今年刊行。

 

吉田隼人(よしだ・はやと)

1989年福島県生まれ。県立福島高校を経て早稲田大学文化構想学部卒。大学院文学研究科博士後期課程に在学。日本学術振興会特別研究員を経て、現在は早稲田大学文学学術院助手。専攻は20世紀フランス文学・思想および日本近現代思想。2013年に第59回角川短歌賞、2016年に現代歌人協会賞を受賞。著書に歌集『忘却のための試論』(書肆侃侃房、2015年)。

 

日時:2019年6月22日(土) 18:00〜20:00(17:30開場)

会場:古書ソオダ水(東京都新宿区西早稲田1-6-3 筑波ビル2A)

会費:1000円(当日会場でのお支払いになります)

定員:20名

ご予約お申し込み方法:古書ソオダ水店頭、電話(03-6265-9835)、HPトップの「お問い合わせ」、メール(kosho.soda.sui@gmail.com)にて承ります。メールでのご予約の場合、件名にイベント名、本文に「お名前」「電話番号」「人数(1人2名まで)」を明記してお送りください。